KOBE GREEN TRAIL

神戸を中心とした自然散策・山歩きと日常の日記などを書いています。

トップページ 自転車日記> 【SPDシューズ】KEEN Arroyo Pedalを購入&不良品を自分でリペア

このエントリーをはてなブックマークに追加
01
自転車でのお出掛け用に、新しいビンディングシューズを買いました。
今回私が選んだのは、KEENの『Arroyo Pedal』です。


スポンサーリンク



02
私の場合、ロードバイクに乗るときもレース志向ではないし、自転車で出掛けた先での徒歩での行動時間も結構長いので、「カジュアル」で「アウトドアテイスト」なシューズが好みです。

長い距離をダァ~っと走りますが、ふと自転車を停めて写真を撮ったり、頻繁に乗り降りして歩き回ることもあるので、「SPD-SL」ではなく「SPD」が私には合っています。

SPDは一般に「MTB用」と言われていますが、実際その通りで、SPDシューズの中にはソールがかなりしっかり作られていて、野山や岩場や水辺なんかをそのままガシガシ歩けるようなスペックのものもあります。私に必要なのは、そういうビンディングシューズ。

そんな使い方&条件にぴったりのシューズが、KEENArroyo Pedalです。

03
KEENには、KEENにしかないタイプの靴があり、デザインは独特のものがあります。
私は普段から街歩きや山歩き用の靴としてもKEENの靴を何足か愛用しています。

この「Arroyo Pedal」は、SPDのクリートを装着可能なソール部分を除けば、外観や履き心地はKEENならではのもので、素材の堅牢さや、手入れのしやすさなど、使い勝手の良さが特長です。

アッパー素材に採用されているウォッシャブル・ウォータープルーフレザーはとても丈夫で、また汚れたり傷が付いたりしても、それほど気にならない、むしろ味わいに思えてくるという魅力があります。(もちろん、手入れは必要です)

「Arroyo Pedal」は、スニーカーとサンダルの中間のようなデザインで、水場で使用することもできるので、「冬」以外の3シーズンをこれで1つで出掛けることもできそうです。

04
「靴」としての出来の良さに加えて、裏返せば「SPD」のクリート装着スペースが登場。

このクリート装着スペースの窪みは十分な深さがあり、そのためクリートを装着した状態で歩行しても、クリートはほんの僅かしか地面と接触しません。地面に石ころや段差などがある場合には、クリートと大きく接触することもあると思いますが、それ以外の場面では実に歩きやすく、条件によっては「無音」です。

ソールがかなり頑丈に作られているので、少々重さがありますが、未舗装路などでの歩きやすさはトレイルシューズの様で安心感があります。コンセプトにブレがない、よくできた靴だな~と思いました。



というわけで、この「Arroyo Pedal」というSPDシューズがとても気に入ったのですが、
今回購入にあたって、面倒なことがたくさん起きました。

面倒な話』にも興味がある人は、続きをご覧ください。



★「Arroyo Pedal」を置いているお店は少ない

KEENの靴の中でもちょっと変わったタイプのモデルのため、KEEN取扱店を何軒も回っても、「Arroyo Pedal」を店頭在庫しているお店は見つかりませんでした。最近大阪にOPENした「KEENの直営店」に行っても、ありませんでした。「直営店に無かったらどこにあるねん、置いとけよ」って思いました(笑) 

★店頭在庫が無いと、サイズの履き比べができない

店頭に取り寄せてもらって購入するという方法がありますが、「靴」という商品の特性上、複数のサイズを試着して、ちょうどいいものを買いたいので、何足か入荷してもらう必要があります。すると、「それはちょっと難しい」というようなことをKEEN直営店で言われたので(アホか、なんでやねん、笑)、それならもうKEENのオンラインストアから通販で買おうと思いました。オンラインストアは、サイズが合わなかった場合の交換も無料ということで、無能な実店舗のお世話にならなくても自己解決できそうです。

★しかたないので、オンラインストアで買ってみた

KEENのオンラインストアで購入したら、驚きの超スピードで荷物が届きました。これには感心。
箱を開けると、イメージ通りの納得の靴が登場。しかし、サイズが合わない(笑)
結構幅広なデザインのため、“いつものサイズ”よりも1cmくらい小さめを選ぶのが良さそうでした。
それが確認できただけでも意味があります。返品・交換無料ということで、サイズを交換すれば、一件落着です。

★オンラインストアの「サイズ交換」はめちゃくちゃ煩雑だった

KEENオンラインストアにある手順にそって交換申請をやってみると、なんと事実上「交換」なんてものはやっていませんでした。どういうことかというと、KEENの交換手順は、まず「返品」をします。それについて後日「返金」がされます。そして、希望のサイズのものを「改めて新規に注文」します。そして、「二度目の注文分の代金を支払います」。これは「交換」とは言いません。
普通「交換」といえば、商品代金を既に支払っているため、商品だけを引き換えします。ところが、KEENの手順では、商品代金を2回支払う必要がありました。おまけに、返品した分の「返金」が、商品返送後2週間程度は返金されないという仕組みらしく、2度目の代金を支払って再注文した商品が到着した後も10日間位は最初の注文分の代金が返金されませんでした。「倍の代金を支払って、商品は1つだけ手元にある」というかんじで、早くお金返してくださいと思いました(笑) 本当に何日待っていても返金されないので、カスタマーセンターに問い合わせたところ、やっと「1週間後に返金します」と言ってくれて、無事返金されました。

そんなわけで、KEENオンラインストアから購入したのは「失敗」だったと私は思いました。じゃあどうすれば良かったか?「KEEN取扱店を訪ねて、複数サイズの入荷を嫌がらないお店で取り寄せしてもらう」という方法が、ちょっと面倒ですが正解のように思います。サイズの履き比べは絶対に必要なので、是非実店舗で履き比べて買うべきです。そして、KEENオンラインストアから購入するなら、上記のようなことになることを覚悟しておきましょう。

★サイズ交換(=再注文)したら、届いた商品が不良品だった

ここまでの流れで十分イライラ出来るのに、サイズ交換のために再注文して届いた商品は不良品でした。

不良品なら、普通はここで「返品・交換」を申請したいのですが、そうするとまた上記の流れになるはずです。「そっち系」の面倒はもう御免なので、私は「自分でなんとかする」というほうの面倒を選びました。もっとも、自分でなんとかできる範囲の不良だったのが幸いです。

05
まず、クリート装着部のカバーを留めてあるビスが傾いたまま無理やりねじ込まれていて、クリートナットのねじ穴が破損していました。

06
こんな状態で、ビスを真っ直ぐに挿そうとしても、ちゃんと入らない。幸い、クリートナットというのは2つのビスに対して4つのネジ穴があるので、このままでも使用できます。

07
しかし、だからといってこういうのをそのままで使う気持ちはしないので、クリートナット付きのクリートを購入して、破損したクリートナットと交換しました。

08
こうして、新しいクリートナットで、SPDクリートをがっちり装着しました。

さらに、問題はこれだけじゃなかった。

ビンディングシューズは、インソールをめくったその下にクリートナットが収まるスペースがありますが、その段差やクリートナットが露出したままだとインソールが破損したり、足に違和感を感じる原因になるので、通常は段差を埋めてクリートナットを隠すシートみたいなものを乗せて、その上からインソールを重ねます。

もちろん、「Arroyo Pedal」も本来そうなっていて、最初に届いたもの(返品したほう)には、ちゃんとクリートナットの上に黒いシートがはめ込まれていました。

09
ところが、サイズ交換のために再注文して後から届いたほうはそれが無く、ガッツリ段差があり、しかもなんか仕上げが雑(笑) とりあえず、このままでは履きたくないなぁと思いました。

10
仕方ないので、ホームセンターで発泡ウレタンマットを買ってきて、自分で作ることにしました。

11
クリートナットのスペースをぴったりと埋めることができました。
この段差は意外と深くて、4mm程度ありました。ちゃんと埋めておかないと気持ち悪いですね。

12
ということで、かなり色々面倒だったのですが、靴自体は気に入っています。
これから長期にわたって旅やお出掛けの足になるので、大事に使いたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ