KOBE GREEN TRAIL

神戸を中心とした自然散策・山歩きと日常の日記などを書いています。

トップページ 自転車日記> 【ヘルメット】 LAS(ラス) GALAXY を購入

このエントリーをはてなブックマークに追加
01
先日『BECK ONベックオン)』でヘルメットを選びました。じっくり30分くらいかけて色々なメーカーの様々なモデルを各サイズを試着して、自分の頭にぴったりのヘルメットを見つけることができました。

それは『LASラス)』のGALAXYというモデルで、これが私にとって最高のフィット感でした。


スポンサーリンク




これまで私は「OGK」「BELL」などのヘルメットが自分の頭に合っていると思って使用してきましたが、今回出逢った「LAS」のヘルメットによって、“今までのヘルメットは全然自分に合っていなかった”と気付かされました。

「LAS」のGALAXYは、まるで私の頭に合わせて作られたかのように、私の頭の形状に完ぺきにフィットします。そのため、ガタつきや圧迫感などストレスになる要素が全く無く、また「Sサイズ」でも無理なく被れてしまい、“キノコ感”が全然無い、すっきりとしたシルエットで被ることができます。

このように“自分に頭に合う”という絶対条件を満たすものの中から、自分の好みに合う色やデザインのものを選ぶわけですが、「LAS」のGALAXYはちょうど見た目のデザインも私の好みに合うものがラインナップされていたので、本当に満足・納得して買うことができました。


※フィット感や相性についての感想・記述はあくまでも私自身においての話です。そのため、他人に無条件に「おすすめ」はしません。皆さんもご自身に合うヘルメットを探してみてください。

自分に合っていると思っていても、実は全然フィットしていないヘルメットを被っている人は意外と多いものです。たくさん試着して、最高のフィット感が得られるものを見つけましょう。
もちろん、この「LAS」のヘルメットも試してみてください。私と同じように最高のフィット感が得られる人もいるはずです。




以下、「LAS GALAXY」の外観や特長などをご紹介します。

03
外観はオーソドックスなエアロ形状で、必要以上に主張するトゲトゲ感や無駄な装飾の無い、すっきりとした印象です。

02
エアホールの配置・形状はよく考えられていて、必要十分なエアフローと本体強度を両立しています。

自転車用のヘルメットは、パッと見たかんじではどれも似たような形状ですが、よく見れば見るほど、メーカー毎・モデル毎の設計の違いがわかります。中には明らかに「見た目の格好良さや奇抜さ」を最優先しているような製品もあり、そのようなものは実際の使用時の快適性や強度に不安を感じます。

04
後頭部にネオンイエローを使ったこのモデルは後部からの視認性が高く、交通における被認識と安全性という意味で、幾分身を守る機能を高めてくれるはずです。

05
ちなみに、後頭部中央にある黒いプラスチックパーツは内側でストラップを固定していて、ストラップの長さ調整をする際にこれを外側に引き出すことで、ストラップのベルトを左右に動かすことができます。


06
【真後ろからの写真】
後ろ姿はほとんどネオンイエローで、実際に見るとかなり目立ちます。

07
外殻である「シェル」部分は、ミドルクラスの製品らしいよくできた仕上がりで、スチロール素材との境目も綺麗に作られています。

塗装は、ホワイト・ブラック・ネオンイエローで塗り分けられているものの、4箇所にある「LAS」のロゴ部分はなんと「ステッカー」で、使用しているうちに剥がれてしまいそうな気がします。どうしてロゴを塗装で仕上げなかったのでしょうか。あるいは、もっと薄いシートでステッカーを作れば剥がれる可能性が減るのに、表面に引っかかりのある厚みのステッカーです。このヘルメットの気に入らない部分を挙げるとしたら、唯一この「ステッカー」だけです。剥がれないように、気を付けて使いたいと思います。

08
アジャスト機構はオーソドックスなダイヤル式で「可も不可もない」といえますが、このタイプが一番直感的かつ簡単に調節ができます。

ダイヤルのクリック感は、締めるときはカチカチッと滑らか、緩めるときは少しガッガッと勢いよく開くことがあります。しっかりと強めに締めこんだときも、ハチマキのような環状の締め付け感は無く、ヘルメット全体が上から押さえつけられるような感じになります。

09
【正面からの写真】
たくさんのエアホールのうち、ヘルメット前部のエアホールにはメッシュパネル(インナーパッド一体型)が付いており、走行中に「虫」や異物が入ることを予防します。

町や自然の中を気持ちよく流している時に、ハチなどが服やヘルメットにヒットした経験がある人は少なくないでしょう。そうそう高い頻度で起きることではありませんが、万が一でもハチがヘルメットの中に入ったりしたら・・・という心配はありますから、このようなメッシュパネル付きのモデルは安心です。

10
最前部中央には、「LAS」のロゴの金属製オーナメント。
このヘルメットに施された唯一の「装飾」と呼べる部分ではないでしょうか。

このオーナメントは、「LAS」のすべてのヘルメットに付けられているわけではなく、このGALAXYなど特定のモデルだけに付いているようです。

11
【ヘルメット裏側から】
ヘルメット内側は、後頭部以外のほとんどの部分にメッシュ付きインナーパッドが付いています。

また、ストラップには「チンガード」のようなベルクロ付きのファブリックパーツが付いていて、ストラップが首・あごに触れる部分を覆ってソフトにしてくれると同時に、余ったストラップベルトを束ねた部分が収納されます。

12
アジャスト機構は、中央部分を伸縮させることでダイヤル操作時の締め付け方向を調節できます。
私の場合はこれを一番伸ばした状態が心地良い装着感になります。

13
【本体・付属品 全容】
「LAS」のGALAXYを購入して箱を開けると、ヘルメット本体のほかに「収納用袋」と「調整・補修用生地」が付属していました。

写真右側のベージュ色や黒色のものが「調整・補修用生地」で、ヘルメットを被ったときのフィット感や、接触する部分の“当たり”の調整などがしたい時に自分でインナーパッドを追加できる「ベルクロテープ」と「カット済みのパッド」が複数個、そして「チンガード」の予備が1個付いていました。


14
以上、淡々とご紹介しましたが、今回私が購入した「LAS」のGALAXYのご紹介でした。

ヘルメットは「頭の形に合う・合わない」があるので、私にとってベストチョイスだったからといって、誰にでも同じものをお勧めするということではありませんが、もしかしたら私と同じようにこのヘルメットが頭にぴったりとくる人もいるかもしれません。そういう意味で、参考にしていただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ